1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 放射線診断・IVR科

放射線診断・IVR科

概要

当院は放射線専門医とIVR専門医の修練施設に認定されており、放射線診断・IVR科では、各種画像診断、核医学診断、IVR(画像下に穿刺針や力テーテルを操る技術を利用して外科的手術をすることなく、治療する手技で、悪性腫瘍に対する動注や塞栓、出血に対する止血、血管閉塞に対する拡張・ステント留置、膿瘍や胆道閉塞に対する穿刺・ドレナージなど)を行っています。
新病院では以下の画像検査機器を備えています。

一般撮影装置2台、320列CT装置2台、MRI装置2台(3T、1.5T)、アンギオ装置2台、乳房撮影装置、PET-CT装置、X線TV撮影装置2台、骨塩定量検査装置、結石破砕装置、ガンマカメラ

特色・トピックス

CT・MRIの各2台体制
最新鋭の機器を導入して診断精度の向上とともに、機器を増やすことで検査待ちの解消を図ります。H29年に導入したワークステーションを駆使して、収集した画像データを加工して分かり易い3次元画像を提供します。とくに、血管、気管、消化管の診断能力の向上が期待されます。
PET-CTの導入
新病院では、骨シンチや脳血流シンチなどの既存の核医学検査に、PET-CTが加わります。
PET-CTは、癌の進展度診断や再発の早期診断に有効とされているほか、将来的に認知症の評価ツールとなることが期待されています。PET診療の専門医を招聘して診療に臨みます。
IVRの充実
アンギオ装置、透視台、CT、USを用いた画像ガイド下に、血管領域・非血管領域の各種IVRを施行します。時間外の緊急IVR適応症例(消化管や気道の出血、産科出血、臓器損傷など)にもスタッフがオンコール体制で対応します。

主な検査と治療

各種画像検査
単純X線診断、CT、MRI、消化管造影、乳房撮影、排池性尿路造影、骨塩定量、血管造影など
核医学検査
骨・腫瘍・脳血流・甲状腺・肺血流・肺換気・腎など各種シンチグラフィー
IVR(画像下治療)
血管系
TACE/TAI(肝細胞癌)、TAE(喀血、消化管出血、産科出血、子宮筋腫、脾破裂など)、B-RTO(静脈瘤)、静脈採血(副腎腫瘍・膵ラ氏島腫瘍)、PTA(透析シャント、下肢動脈)など
非血管系
穿刺・ドレナージ(嚢胞、膿瘍、胆道閉塞)、ステント留置、US/CT/透視下生検(腫瘤)など

主な検査実績

2017年4月~12月(9ヵ月間)
CT 9,768件
MRI 4,148件
単純X線 20,713件
マンモグラフイー 1,061件
消化管造影検査(DIC含む) 29件
排池性尿路造影 53件
IVR(血管系) 42件
IVR(非血管系) 29件
RI 546件

先生方へ

当院では、平成24年7月より320列CTを導入しており、以下のような特徴がございます。CT検査の際は当院をご紹介お願い致します。

短時間で撮影できるCT
  • 頭部全体や心臓を1回転で瞬時(0.35秒)に撮影することが可能
  • 息止め時間が大幅に短縮するため、高齢者や乳幼児の撮影が容易
高画質な精密撮影で、より診断・治療に役立つCT
  • 人体の動きや造影剤の流れまでも自由自在に観察し、4次元画像データの収集が可能
からだにやさしいCT
  • 自動的に各部位に最適なX線量での撮影ができ、被曝線量を低減
  • 造影検査では、短時間での撮影終了により、造影剤使用量も低減

当院では、平成28年1月にMRI(1.5T,Siemens社製Magnetom Symphony)のバージョンアップを行いました。

特徴

画像の向上による診断の高精度化
すべての領域において画像が格段に鮮明になり、小病変の検出や診断が確実にできるようになりました。
検査侵襲の軽減
疼痛があったり、じっとするのが困難な患者様につきましては、以前と同様の画質であれば短時間で撮影することができます。
撮影画像(脳血管、造影剤なし)の比較
バージョンアップ後の画像
従来画像