1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 乳腺外科

乳腺外科

概要

当科は大阪大学大学院医学系研究科乳腺・内分泌外科学講座と密接に連携しています。
乳癌検診は、マンモグラフィーと超音波検査を併用し、初診当日に結果を出すことで正常の方は1日で診察終了となります。腫瘍のある方は当日中に病理検査を施行し1~2週間後には出すシステムです。
乳癌全般に関し乳がん看護認定看護師が対応します。治療に関しては、専任のがん化学療法看護認定看護師常駐の外来化学療法センターにて、術前・術後ともに通院での外来化学療法を行います。専任医師による放射線療法は、温存療法後、再発、転移すべてに対応しています。手術に関しては、術前化学療法が必要かの判断後、乳房温存術、全摘術を施行し、必要に応じて当院形成外科と協力し再建術にも対応しています。センチネルリンパ節生検はRI+色素法により検出し、大阪では3施設目のOSNA法で確実な診断を目指しています。術後リンパ浮腫にはリンパ浮腫セラピスト2名、リンパ浮腫研修終了医1 名が常駐し対応しています。がん患者リハビリテーションに対しても研修終了医2名、技師8名が在籍しており、いつでも対応できます。ターミナルケアに対し麻酔・緩和医療科、緩和ケア認定看護師も参加しチームで対応しています。
最近では若年性乳癌に対する妊孕性の問題、妊娠中乳癌に対する治療方針も手掛けています。また、来たるべき遺伝子診断・治療に対し遺伝子検査相談窓口、力ウンセリングも開設予定です。
診断部門では微細な石灰化に対する診断として、マンモトーム生検も実施しています。

特色・トピックス

当院は乳癌学会専門医のみならず、がん治療認定医、乳がん看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、リンパ浮腫セラピスト、リンパ浮腫研修終了医、がん患者リハビリテーション研修終了医、技師が常勤しており、形成外科医、放射線診断医、放射線治療医、病理医とも合同で力ンファレンスも積極的に行い、チーム医療に遭進しています。

主な疾患対象

乳腺疾患全般
乳癌、乳癌以外の乳腺悪性腫瘍、乳腺症、線維腺腫を始めとする良性腫瘍、慢性・急性乳腺炎 他

主な検査と治療

超音波診断装置
  • マンモグラフィー
  • 超音波
  • 乳汁中CEA測定(ラナマンモガード)
  • 病理検査(細胞診、組織診、HER2等の特殊染色)
  • 吸引生検(マンモトーム、セレー口)

入院患者の主な疾病

2017年4月~12月(9ヵ月間)
乳癌 74件
乳癌の転移 13件
乳腺腫瘍 13件
乳房微細石灰化 8件
乳輪下腫瘍 1件
腋窩リンパ節腫大 1件