1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 研修医(初期)
  4. 研修医(初期)

研修医(初期)

はじめに

医療人としての大きな一歩を

共に踏み出そう

公益財団法人日本生命済生会 日本生命病院 院長
立花 功

当院は、生命保険会社である日本生命が1924年に「済生利民(いのちや生活を救い人のお役に立つこと)」を基本理念として設立した財団法人日本生命済生会の付属病院として、1931年に大阪市西区新町に開院しました。戦後医師国家試験制度の開始に伴い 1947 年インターン一期生を受け入れ、1950年には医療行政改革を進めていた GHQ から西日本のモデル病院に指定されました。1972年には大阪市内の病院としてはいち早く厚生省(当時)から臨床研修病院に指定されています。以来すぐれた人格とチームリーダーとしての資質を持った医師の育成に努めてきました。

開院時より「日生病院」の名称で地域の皆様に親しんで頂いておりましたが、2018 年に西区新町から同区江之子島に新築移転を完了、移転を機に「日本生命病院 (Nippon Life Hospital)」と改称致しました。新病院では診療科の新設、最新医療機器の導入、女性病棟の新設など、最新・最適な医療を提供する体制を整え、現在 27 診療科・9 診療センター、病床数 350 を擁する大阪西部地域の基幹病院となっています。

立花院長.jpg

臨床研修では、研修医の皆さんに充実した臨床研修が円滑に行えるよう、多くの先輩医師が直接指導にあたっています。専門医によるセミナー(ニッセイ医学セミナー Update)やCPC、JMECC(日本内科学会内科救急ICLS講習)を開催するとともに、医療事故防止や院内感染対策、救急診療、医療保険制度などの技術と知識を習得するための講習も行っています。また、すべての医師に電子カルテ用のノートパソコンを配布するなど臨床研修の環境にも配慮しています。卒後臨床研修評価機構(JCEP)の認定も取得しました。

本研修プログラムは、やる気のある若い皆さんのニーズにできるだけ対応できるよう、自由度の高い内容にしています。医師として新しい人生のスタートを切り、患者さんから信頼される医療人に成長してくれることを期待しています。

日本生命病院の概要

所在地 大阪市西区江之子島2丁目1番54号
病院長 立花 功

(公財)日本生命済生会を開設者とし、地域の皆様の健康増進を願い、昭和6年に開院されました。現在では、27診療科、一般病床数350床を擁し、高い医療水準と最新鋭の医療機器を備えた「地域基幹病院」に発展しました。 今後ともより質の高い医療内容の提供に努め、地域医療に貢献し、皆様から一層信頼される開かれた病院を目指します。 更に、平成13年4月には日本医療機能評価機構の認定を取得した他、日本医師会総合政策研究機構のDRG/PPSのモデル病院にも指定されていました。また、当院では「第二種社会福祉事業(無料低額診療事業)」を実施しています。