1. トップページ
  2. 当院について
  3. 理念・基本方針

理念・基本方針

日本生命病院 理念

日本生命病院は公益財団法人日本生命済生会の基本理念である「済生利民」の精神にもとづき、地域に対し、予防・治療・在宅まで一貫した総合的な医療サービスを提供します。

※済生利民(さいせいりみん)...「生活と命を救い、人々のお役に立つ」ことを意味する、当会設立時からの基本理念です。

病院 基本方針

  1. 患者さんの立場に立った最良の医療サービスを提供します。
  2. 常に安全な医療とまごころの看護を実践します。
  3. 人権の尊重、プライバシーの保護、並びに法令等の遵守に努めます。
  4. 日々研鑽に努め、より信頼される医療人を目指します。
  5. 地域・社会のニーズに対応した変革を進め、地域医療と地域社会の健全な発展に貢献します。
  6. 地域から愛され信頼される、安全・安心な病院を目指します。
  7. 上記6項目を継続して実現するため、健全な経営を行います。

ニッセイ予防医学センター 基本方針

  1. 受診者の皆様の心と身体の健康づくりのために、最善の努力をいたします。
  2. 常に安全かつ最良の予防医学的サービスを提供します。
  3. 人権の尊重、プライバシーの保護、並びに法令等の遵守に努めます。
  4. 予防医学の研鑽に努め、より信頼される予防医学センターを目指します。
  5. 地域・社会のニーズに対応した変革を進め、地域福祉と公衆衛生の向上に貢献します。
  6. 健康寿命の延伸に貢献する予防医学センターを目指します。
  7. 上記6項目を継続して実現するため、健全な経営を行います。

ニッセイ訪問看護ステーション 基本方針

  1. 利用者およびそのご家族が主体性をもって健康の自己管理と必要な社会資源を活用し、生活の質を高めることができる よう援助します。
  2. 利用者の健康を阻害する因子を日常生活から見出し、健康の保持・増進・回復をはかり、あるいは疾病や障害による 影響が最小限にとどめることができるよう、よりよい看護サービスの提供や指導を行います。
  3. 在宅サービスを総合的に推進するために、地域の保健・医療・福祉サービスと密接な連携を図り、実りある訪問看護 サービスを提供し、地域医療と地域社会の健全な発展に貢献します。
  4. 人権の尊重、プライバシーの保護、ならびに法令の遵守に努めます。
  5. 医学の進歩に対応した最良の在宅看護が提供できるよう日々研鑽に努めます。

ニッセイケアプランセンター 基本方針

  1. 利用者が、要介護状態になった場合においても、その利用者が可能な限り、住み慣れた居宅において、能力に応じ自立 した日常生活を営むことができるように配慮します。
  2. 利用者の心身の状況、その置かれている環境等に応じ、利用者自らの選択に基づき、適切な保健、医療サービス及び 福祉サービスが多様な事業者から総合的かつ効率的に提供できるよう配慮します。
  3. 利用者の意思および人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、利用者に提供される居宅サービス等が特定の種類または 特定の居宅サービス事業者に不当に偏ることのないよう公正中立に行います。
  4. 利用者の所在する市町村・地域包括支援センター・他の居宅介護支援事業者・介護保険施設等との連携に努め、地域医療 と地域社会の健全な発展に貢献します。
  5. 人権の尊重、プライバシーの保護、ならびに法令の遵守に努めます。

倫理綱領

私たち日本生命病院の職員は、公益財団法人日本生命済生会の基本理念である「済生利民」の精神に基づき、全ての患者さんの生命尊厳の念と人間愛をもって接し、適切な医療を提供するために最善の努力を尽くします。
この使命を達成するため、私たちが守るべき行動の規範として、倫理綱領を策定します。

  1. 私たちは、患者さんの人権を最大限尊重し、患者さんの最大の利益を追求する医療を実践します。治療に当たっては、医の倫理を遵守し、科学的根拠に基づく医療を提供します。
  2. 私たちは、利用者が求める情報を積極的に提供するとともに、わかりやすい方法で説明するように努めます。
    また、医療行為を行うとき、医療行為を中止するときは患者さんに事前に十分説明し、理解と同意を得たうえで、患者さんにとって最善の治療を行います。
  3. 私たちは、医療記録の重要性を十分認識し、診療記録は適正かつ正確に記載するとともに、セキュリティに十分配慮して整理・保管を行います。また、患者さんから診療情報の開示を求められたときは、規程に基づき情報開示を行います。
  4. 私たちは、安全が医療の最も重要な課題と認識し、あらゆる危険性の予防に最大限の努力を払うとともに、万一事故が起こった場合は、応急措置をとるとともに、事実を隠すことなく病院全体の問題として対応と改善、及び再発防止の徹底を図ります。
  5. 私たちは、患者さんの最適な医療を受ける権利、自己決定権、知る権利を尊重するとともに、治療上知りえた個人情報については守秘義務を遵守します。
  6. 私たちは、医療に携わるものとしての社会的責任を自覚し、関係法令を始め、各種指針、ガイドライン、病院の定める規程や社会ルールを遵守し、自ら律します。
  7. 私たちは、常に高水準の医療技術と知識の習得に努めるとともに、広く教養を深めて心の研鑽に励み、全人的な医療を目指して最大限の努力を払います。また、医療者間の協力関係を築き、チーム医療により最高の医療を提供します。
  8. 私たちは、良心に恥じるような行為は行いません。また、自らの良心に反する要求には屈しません。医療人として品位の向上と保持に努め、患者さんや社会の信頼に応えるよう努めます。私たちは、反社会的勢力に対しても、医療人としての理性に従い正当な医療行為を行うとともに、不当な要求に対しては断固とした態度をとり、屈しません。
  9. 私たちは、地域の人びとにより良い医療を提供するために、地域の医療機関との緊密な連携を保ち、知識や技術の交流を行うとともに、協力して地域医療の維持と発展に力を尽くします。
(医の倫理)
  1. 医療行為の妥当性に関する問題、医療行為を受ける人の権利、尊厳に関する問題など、臨床倫理に関する課題が生じた場合は倫理委員会にて討議し、その方針を決定する。(医の倫理の①)
  2. 医学医療の発展のために臨床研究を積極的に遂行し、その実施については、ヘルシンキ宣言を始め各種指針・ガイドライン・関係法令等に基づき、倫理委員会ならびに治験委員会において十分に審議・検討を行う。(医の倫理②)