1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 耳鼻咽喉・頭頸部外科

耳鼻咽喉・頭頸部外科

耳鼻咽喉・頭頸部外科の午後診察はすべて完全予約制となっております。

概要

診療案内
外来診療は、基本的には予約制をとっており予約患者様を優先としております。近隣医療機関からの初診予約が可能ですのでぜひご利用ください。
当院は地域医療支援病院であり、普段の診療・診察はかかりつけ医が、手術などの入院加療や専門的な検査が必要な場合は当科専門医が担当することになります。当院での精査や治療が終了すれば、原則的には紹介元かかりつけ医に戻っていただきます。
治療の対象
耳鼻咽喉・頭頸部外科が取り扱う領域には五感を司る器官のうち視覚を除く器官すべてが含まれています。さらにコミュニケーションや食事といった人が人間らしく生きていくために必要な器官も治療の対象となります。

特色・トピックス

特色としては、

  • 慢性中耳炎、中耳真珠腫、耳硬化症などの多彩な中耳、内耳疾患に対する手術療法
  • 突発性難聴、顔面神経麻痺の薬物療法、ならびに顔面神経麻痺に対する手術療法
  • めまいの神経耳科的診断と保存的療法.平衡リハビリ指導ならびに難治性めまいに対する手術療法
  • 頭頸部腫瘍疾患に対する手術療法、ならびに化学療法、放射線療法との集学的療法
  • 鼻副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎の保存的療法、外科的療法
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医制度の研修施設

主な対象疾患

感音難聴
突発性難聴、急性低音障害型感音難聴など
伝音難聴
慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症など
内耳性めまい
良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎など
顔面神経麻痺
急性期・亜急性期・晩期など全般
アレルギー性鼻炎
通年性、季節性(花粉症)
鼻副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎、鼻ポリープ
急性炎症
急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、頚部膿瘍など、慢性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群、声帯ポリープ、声帯結節
唾液腺疾患
唾石、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍
甲状腺腫瘍
乳頭線癌、濾胞腺癌、髄様癌など
悪性腫瘍
舌癌、咽頭癌、喉頭癌など

主な検査と治療

検査

  • 耳・鼻・咽喉頭ファイバースコープ検査
  • 頸部エコー検査、エコーガイド下穿刺吸引細胞診
  • 聴力検査、ABR検査、耳音響反射検査、補聴器適合検査、平衡機能検査(VOG)
  • 嚥下機能検査
  • 睡眠時無呼吸PSG検査
  • 鼻腔通気度検査、味覚・嗅覚検査、ENoG検査(顔面神経)

治療

難聴、めまい疾患
真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎、耳硬化症に対する手術治療、難治性メニエール病に対する手術治療を行っています。
鼻副鼻腔疾患
慢性副鼻腔炎に対しては全例に内視鏡を用いた低侵襲・機能的手術を行い、鼻副鼻腔腫瘍、鼻腔形態形成(鼻閉)、眼窩吹抜け骨折、難治性鼻出血に対しても内視鏡手術を行っています。
頭頸部救急疾患
急性扁桃炎、急性喉頭蓋炎、扁桃周囲膿瘍、深頸部感染症などに対し迅速に対応いたします。
咽喉頭慢性炎症疾患
慢性扁桃炎、アデノイド増殖症、声帯ポリープなどの手術治療を数多く行っています。
突発性難聴
ステロイド剤、脱線維素原治療(デフィブラーゼ)、ステロイド鼓室内注入を用いた治療を行うことで治療成績を高めています。
顔面神経麻痺
ステロイド剤、抗ウィルス剤等を用いた治療を初期治療として行い、検査から予後不良が予測される重症例では顔面神経減荷手術を行います。
頭頸部がん
手術、放射線、化学療法の集学的治療を行います。インフォームドコンセントを重視し、腫瘍の部位や進行度に応じた標準治療を中心に、機能温存や患者様のご希望も取り入れて治療方針を決定します。関係各科と連携した再建手術、拡大手術にも取り組み、内視鏡を用いた低侵襲な治療も取り入れています。甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍、頸部リンパ節腫脹に対しては超音波検査、超音波ガイド下穿刺細胞診を積極的に行い、迅速的確な診断に努めています。
各種甲状腺疾患
甲状腺がん、良性腫瘍、バセドウ病などに対する外科的治療を行っています。
嚥下障害
内視鏡、X線透視検査による診断、治療(リハビリ指導、嚥下改善手術)を行います。
睡眠時無呼吸症候群
PSG検査、CPAP治療の導入、鼻閉改善や咽頭形態改善の手術治療を行います。

入院患者の主な疾病

2017年4月~12月(9ヵ月間)
前庭機能障害 47件
扁桃およびアデノイドの慢性疾患 22件
慢性副鼻腔炎 19件
睡眠障害 14件
急性扁桃炎 14件
扁桃周囲膿瘍 7件
声帯および喉頭の疾患、他に分類されないもの 6件
唾液腺疾患 6件
大唾液腺の良性新生物 5件
顔面神経障害 5件
下咽頭の悪性新生物 4件
中咽頭の悪性新生物 3件
化膿性および詳細不明の中耳炎 3件
多部位および部位不明の急性上気道感染症 3件
口唇および口腔の悪性新生物 2件
上咽頭の悪性新生物 2件
喉頭の悪性新生物 2件
甲状腺の悪性新生物 2件
悪性リンパ腫 2件
鼻および副鼻腔のその他の障害 2件