1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 血液・化学療法内科

血液・化学療法内科

概要

対象疾患
  • 急性・慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液腫瘍を始めとして、再生不良性貧血を含む造血不全、止血・凝固異常など、血液疾患全般に対応します。
  • 膠原病や腎臓疾患(血液透析を要する場合を含む)などの全身性疾患を伴う場合にもそれぞれの専門科と共同して適切に対応することが可能です。
  • 新病院への移転に伴い、無菌治療室が現在の4床から8床に増えるため、無菌管理を要する患者様に常時対応することが可能になります。
WT1ペプチドを用いた急性白血病に対する免疫療法
急性骨髄性白血病が化学療法後寛解に到達しているものの、再発高リスクかつ同種造血幹細胞移植の施行が困難な患者様を対象に、白血病の再発予防を目的としたWT1ペプチド免疫療法の臨床試験を、大阪大学大学院医学系研究科癌ワクチン療法学講座との共同研究として行っています。

特色・トピックス

迅速かつ正確な診断
血液疾患を診断するためには、骨髄穿刺やリンパ節生検などの細胞病理的な検査が必要です。当院では、随時骨髄穿刺やCT撮影が可能ですし、消化器内科・外科・耳鼻科など他の診療科と連携もスムーズに行え、迅速な診断が可能です。
また、常に細胞遺伝子学的検査など検査も平行して行い、多方面からの検査を追加しより正確な診断を得るよう心がけています。
臨床研究の案内
造血器腫瘍患者におけるアムホテリシンBリポソーム製剤と グリコペプチド系抗生剤の併用による腎機能障害の検討
エビデンスに基づく計画的な治療
急性白血病・悪性リンパ腫や多発性骨髄腫に豊富な治療実績を持ち、新規抗がん剤を含めた国際レベルのエビデンスに基づく積極的な治療を行っています。必要症例に対する自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法にも100例に達する十分な診療実績を持っております。
外来通院治療
長期間に及ぶことの多い治療でも、出来るだけ早期に外来通院に戻っていただき、より負担の少ない治療を入院と変わらず安全にしかも効果的に受けていただけるよう心がけています。
チーム医療
身体的にも精神的にも負担の多い治療を、より安全にまた効果的に受けていただけるよう、がん看護認定看護師や抗がん剤認定薬剤師さらに緩和医療チーム、ソーシャルワーカーを含めたチーム医療を通して全人的サポートを行っています。

主な疾患対象

悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、急性白血病、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病

主な検査と治療

骨髄穿刺・生検、PET/CT、血液疾患に対する通常の治療(化学療法、輸血、免疫抑制療法など)、自家末梢血幹細胞移植、同種造血幹細胞移植後の管理

入院患者の主な疾病

2017年4月~12月(9ヵ月間)
悪性リンパ腫 66件
骨髄性白血病 42件
骨髄異形成症候群 31件
多発性骨髄腫および悪性形質細胞性新生物 27件
紫斑病およびその他の出血性病態 10件
リンパ性白血病 7件
リンパ組織、造血組織および関連組織の性状不詳または不明のその他の新生物 5件
その他の無形成性貧血 4件
鉄欠乏性貧血 2件
後天性溶血性貧血 2件
アミロイドーシス<アミロイド症> 2件