1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 消化器内科

消化器内科

概要

すべての分野の消化器疾患に対応

スタッフは、消化器病学会、消化器内視鏡学会はもとより、肝臓学会、胆道学会、超音波医学会の専門医が揃っており、消化管、肝臓、胆膵、すべての領域をバランスよく網羅した診療を行っています。
各分野の専門医によるセカンドオピニオンも積極的に受けています。

  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本胆道学会指導施設
各科との連携による集学的診療
ニッセイ予防医学センターとの連携による癌の早期診断、放射線科合同によるIVR治療(肝癌など)、 消化器外科とのRECS(Raparosopy and Endoscopy Cooperative Surgery)など、あらゆる集学的診療を行っています。

特色・トピックス

最新医療機器による最先端の診断治療
消化器内視鏡センターが拡充され、ほぼすべての最新機器が導入されました。今まで以上に最先端の診療が可能となります。

主な疾患対象

消化管疾患
食道癌、胃癌、大腸癌、消化管粘膜下腫瘍、胃大腸ポリープ、消化管出血、イレウス、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、ピロリ感染胃炎、炎症性腸疾患、腸炎
肝胆膵疾患
肝癌、肝腫瘍、胆嚢癌、胆管癌、胆嚢腫瘍、胆嚢ポリープ、膵癌、膵腫瘍、IPMN、膵嚢胞、肝障害、黄疸、急性肝炎、慢性肝炎、ウイルス性肝炎、肝硬変、閉塞性黄疸、胆管炎、胆嚢炎、胆石症、総胆管結石、胆嚢腺筋腫症、急性膵炎、慢性膵炎、膵石
その他消化器疾患全般

主な検査と治療

消化管ではハイビジョン拡大内視鏡(NBI)による早期癌診断を行っています。肝胆膵領域では320列造影CT、3T-MRIによる詳細な画像診断を行い、造影超音波検査による肝腫瘍の診断や、MRCP、膵精密エコー、電子超音波内視鏡(EUS)を駆使した胆道・膵腫瘍の早期発見に努めています。細径3次元超音波プローブ (3D-IDUS probe)も導入し、食道腫瘍、胆膵疾患の3次元画像診断も行っています。さらに、消化管粘膜下腫瘍、膵腫瘍にはコンベックス型EUSによる穿刺吸引生検(EUS-FNA)も行っています。
治療では、食道、胃、大腸のポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っています。粘膜下腫瘍に対しては外科と連携し腹腔鏡と内視鏡のコラボ レーション手術(RECS)も行っています。肝疾患では、C型肝炎に対するFNフリー直接作用型抗ウイルス剤 (DAA)の経口剤治療を行っており、B型肝炎に対する核酸アナログ製剤やIFN治療にも取組んでいます。肝癌にはTACE、RFA、分子標的薬や化学療法を行い症例に合わせた集学的治療を行っています。胆膵領域では、閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ドレナージ、総胆管結石に対する内視鏡的結石除去術をはじめとして、大口径ステント留置術や治療困難な胆管結石等に対するあらゆる処置具が使用できるERCP処置用スコープ (TJF260V)も導入し治療実績を伸ばしつつあります。膵石症に対する対外衝撃波結石破砕療法(ESWL)やステント治療も行っています。
また、新病院では小腸ダブルバルーン内視鏡を導入し、小腸疾患や術後再建腸管症例の内視鏡診断治療も行います。

入院患者の主な疾病

2017年4月~12月(9ヵ月間)
結腸、直腸、肛門および肛門管の良性新生物 74件
肝および肝内胆管の悪性新生物 65件
胆石症 47件
胃の悪性新生物 39件
急性膵炎 21件
膵の悪性新生物 17件
胆嚢炎 11件
慢性ウイルス肝炎 10件
肝線維症および肝硬変 10件
胃潰瘍 8件
食道の悪性新生物 7件
直腸の悪性新生物 4件
胆のう<嚢>の悪性新生物 4件