1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 救急診療センター

救急診療センター

概要

当院、救急診療センターは、地域の救急医療における役割を意識しながら、その中核として円滑に機能するよう心がけています。センター長(救急科専門医、指導医)を始め、関連する診療科を代表する副センター長、救急科専門医、総合内科専門医、外科系・内科系各科救急担当医(その指導の下で初期研修医等)が、総合力で初診患者および2次救急患者の診療にあたっています。もちろん、全病院的なバックアップ体制の下、初期診療後、病状によっては適切な診療科への引き継ぎも円滑に行います。

特色・トピックス

新病院では、救急スペース拡充にともない、救急処置室ではより安全、迅速に処置を行うとともに、個室の診察室では空気感染やプライバシーに配慮した対応を行います。救急診療が質、量ともに向上することをめざしています。

主な疾患対象

  • 内因、外因問わず入院が必要(緊急度が高い)と思う急性病態
  • 診療科が特定しづらい病態

主な検査と治療

  • 救急室における呼吸・循環管理(人工呼吸器など)
  • ポータブル画像撮影
  • 超音波検査、創傷処置
  • 小手術
  • 洗浄処置